佐々木晴海の天使のノートと悪魔のノート 究極の他力本願ビジネス ってどうなの?

header_03

究極の他力本願ビジネス販売者情報

販売業者:株式会社サイバーコンテンツ

販売責任者:伊藤 俊

販売ASP:なし

独自HPから販売

販売価格:297000円

究極の他力本願 天使のノート 悪魔のノート 評価レビュー

みなさん、おはようございます。

今日は、スパムメールも大量に送り付けていて、

かなりネット初心者が騙されやすい危険な商材なので、

早くみなさんに伝えないとと思い、早朝レビューします。

佐々木晴海氏の 究極の他力本願 天使のノート 悪魔のノート

無料オファーをレビューします。

無料オファーを見てみると

まあ、ネット初心者を騙すために、よくこんな動画作るよね。

アメーバブログ、FC2ブログ、楽天を超える強力なメディアが登場とか

できるわけもない、訳の分からない事言っているし、

参加者を集めてツールを利用させ、他人が作成したサイトを合法的にコピペして

コンテンツを作成して、それを佐々木氏あなたが造った、まとめサイト『キュレーションサイト』

に投稿させ、運営していくのがメインってわけね!

動画では、いかにも凄いアクセスがなだれ込んでいるように見せているけど

これは自作自演の自分の運営サイト内で仕掛けていることだけで、

ネット世界では、ツールで作ったコピペコンテンツを、

まとめサイトなんてものに集めても、基本アクセスは集まりません。

なぜならGoogleさんがしっかり監視し、コピペコンテンツを許さないからです。

さらに、『僕のまとめサイトを使った手法であれば、GoogleやYahooの目を欺く事も可能』

なんてことも豪語しちゃってます(笑)

確かに、佐々木氏あなたの造った、まとめサイト内での検索ならね。

先ほども書きましたが、ネット世界から見れば

ツールを使ったコピペまとめサイトごときは、

ツールで作ったコピペコンテンツ=内容の薄いコンテンツ=似たり寄ったりのコンテンツ

=ユーザーが満足できるコンテンツの作成にはならないんです。

Googleさんが最も嫌うコンテンツです。

検索エンジンから、消え去り、検索エンジンに検索されなくなるのも時間の問題です。

今までも、ツールを利用して、まとめサイトを運営するという情報商材ノウハウは、

イロイロありましたが、どれもまともに機能しているところは、有りません。

まあ佐々木氏が、どれだけ優れていても、Googleさんには有能な人材の集合体です。

Googleさんの凄さを、知らな過ぎますね。今年4月21日にGoogleさんの

アルゴリズムが大きく変わりました。

なにが変わったのか、ちゃんと把握しているんでしょうか?

話を戻して、ダウンラインのまとめサイトの融合についてですが

このシステムをまとめると流れは、無料のブログを開設できる感覚です。

Aさんがツールを使ってまとめサイトを作成。

そのまとめサイト記事が、巨大まとめサイトのトップページに掲載されることで

強制的にアクセスが集まります。

そしてまとめサイトに興味があるBさんがAさんのサイト経由から

ツールを利用してまとめサイトを作成すると、Aさんのサイトには自動で

まとめサイト作成ツールの紹介が載り、外部の人はそれを見て無料でまとめサイトを

開設、運用できるようです。

まあ、無料ブログ開設が、無料まとめサイト開設に変わっただけかな。

さてBさんが作成したサイトには、Aさんのアフィリリンク入りの広告が

自動表示される仕組みです。

これもアメブロ、FC2ブログと同じですね。

で・・・Bさんのまとめサイトから発生した広告料というのが、

すべてAさんの報酬に入る仕組みです。

これが完全不労所得の全貌ということです。

他力本願

まあこの程度の仕組みなので、ここに集まるのは

お金を儲けたい人ばかりになるので、結局お客様は集まりません。

お金を稼ぎたいネット初心者を取り込んで

いかにも簡単にツールで、まとめサイトに記事を投稿し、

しかもかなり危険なグレーゾーンのコピペ記事とも知らずに

そしてさらに洗脳し、最終的に高額塾に入れて、

お金を騙し取るパターンです。

これ、ただいま、とてつもない量のスパムメールで増殖中でもあります。

アドレスはかなりの種類ですが、IPは一緒なので出どころは分かっちゃいますけどね。

許せないの一言です。

ネット初心者の方、騙されないでくださいね

 究極の他力本願 天使のノート 悪魔のノート レビュー

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ