FXトレードの戻り高値、戻り安値の重要性を知っていますか?

FXトレードの戻り高値とは、下げトレンドにおいて、最安値を付けた前の高値のことを言います。

ダウ理論により下げトレンドの波が高値切り下げ、安値更新されると、戻り高値も下がることになります。

逆に戻り安値とは、上げトレンドにおいて、最高値を付けた前の安値のことを言います。

これもダウ理論により、上げトレンドの波が安値切り上げ高値更新されると、戻り安値も上がることになります。

ここで知らなければいけないことは、戻り高値、戻り安値が何を意味するのかです。

FXトレードにおいて、戻り高値というのは、下げトレンド中の最安値を付けた手前の高値です。

この戻り高値を超えると、今まで下目線(売り優先の目線)から上目線(買い優先の目線)に変わる重要なラインということです。

ここで気を付けなければならないことがあります。

それは、時間足によって、戻り高値、戻り安値のライン位置が違うということです。

15分足の戻り高値、戻り安値を超えたからと言っても、

目線は1分足、5分足、15分足トレードをしている方だけの見方であって、

それより上の上位足1時間足や4時間足トレーダーさんから見れば、

戻り高値、戻り安値を超えていないというところでトレードすることになります。

このとき何が起きるか?ローソク足を見れば分かりますが、汚く上下に振れたり、

ヒゲがたくさん出たりして、とても荒れる相場状況になります。

その荒れる相場でトレードしていませんか?

1時間足、4時間足の戻り高値、戻り安値を超えたところでのトレードではどうでしょう。

4時間足の下位時間足は同じ方向性で見ています。

トップページにも書きましたが、4時間足トレーダーと1時間トレーダーの方向性の一致ということは、ここにあります。

キャッシュバックが大きいFX会社
本ページはアフィリエイト広告を利用しています。

更新日:2024年03月31日