カーバッテリー交換後のパワーウインドウ・オート設定方法!

パワーウインドウ・オートで動かない対処法!

カーバッテリー交換時バックアップ電源を取っていない状態で、

カーバッテリーを交換すると

カーバッテリー交換後の作業として、時計合わせ、ラジオ合わせ、

パワーウインドウのオート設定が必要になります。

パワーウインドウのオート設定方法

パワーウインドウのオート設定は、

パワーウインドウ・スイッチで

パワーウインドウを一度下まで下げ

次に、パワーウインドウ・スイッチで

パワーウインドウを上げる操作を行い、

パワーウインドウが上がりきってから

さらに5秒間スイッチを上げる方向にキープすることで

オート設定ができます。

運転席だけオートの設定をすればOKの場合と

下の写真は、運転席だけオートです。

%e9%81%8b%e8%bb%a2%e5%b8%adauto%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6

車によっては、4ドアすべてオートの設定を

しないといけない車もあります。

この場合、運転席のパワーウインドウ・スイッチで動くのは

運転席のパワーウインドウのみ動き、

他のドアのパワーウインドウは

運転席からパワーウインドウ・スイッチを操作しても、

各ドアのパワーウインドウは動きません。

各パワーウインドウ・スイッチにAマーク

またはALL AUTOと書いてある場合がこれに該当します。

all-auto%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6

運転席のパワーウインドウスイッチからは、

運転席パワーウインドウだけのオート設定しかできません。

auto%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6

各ドアごと、オート設定が必要になりますので、同じ手順で、

各ドアのパワーウインドウスイッチを操作し、

オート設定をしてください。

設定ができれば、運転席のパワーウインドウ・スイッチで

各ドアのパワーウインドウを開け閉めできるようになります。

故障ではなく、カーバッテリーを外す、

または、完全にバッテリー上がりをおこしても、

パワーウインドウのコンピューターがリセットされるため

オート設定の再設定が必要になります。

なぜこの設定が必要になるかというと、

パワーウインドウのオート機能には

他に安全装置として、挟み込み防止機構が付いています。

この機能を正確に作動させるため、

パワーウインドウが完全に閉まる位置を

コンピューターに記憶させるための設定です。

閉まる位置を記憶させることにより、その手前で抵抗があると

何かが挟まったということを検知して、

パワーウインドウをその位置から下げる安全装置です。

この安全装置を正確に作動させるために

本来は自動で設定できることを

わざわざ、手動設定という事にしています。

バッテリー激安情報です。

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

高性能・長寿命バッテリーが、より安く買えます。

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

チェックしてみる価値アリだと思います。

>>激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ<<

バッテリー交換の参考にしていただけたら、うれしいです。

更新日:2020年05月13日

カーバッテリー交換後のパワーウインドウ・オート設定方法でした。