バッテリーのサルフェーションとは?

車のバッテリー寿命とおおいに関係するサルフェーション!

液入り鉛バッテリーであるカーバッテリーが放電したとき、

プラス極板・マイナス極板ともに、極板表面をPbSO4(硫酸鉛)がおおいます。

この放電状態で時間を置くと、極板の細孔に硫酸鉛が結晶する特性があり、

特にマイナス極板側に多く結晶化します。

結晶化した硫酸鉛は充電しても元に戻らないサルフェーションが起こります。

1度結晶化した電極表面は、充電をかけても硫酸鉛が不導体となり

極板の表面積が減り、蓄電能力が小さくなり、容量が減り、内部抵抗も増えて

出力が出せなくなっていきます

乾電池に例えると、使い始めは単1電池の容量がありましたが

使っていくにつれて、単3電池の容量に低下してしまったということです。

このサルフェーションの面積が増えることにより

バッテリー容量が減っていき、やがてエンジンをかけるための

スターターを回す電力が足りなくなり、エンジンがかからないという

トラブルになります。

すなわち、ここまで来るとバッテリー寿命ということになります。

バッテリー上がりと、バッテリー寿命はバッテリー内部で

おきていることが全く違いますので、バッテリー上がりなのか

バッテリー寿命なのかをしっかり見極めることが必要です。

バッテリー上がりは、バッテリー内部の電気を使いすぎた時のことで

スマホで説明すると分かりやすいと思います。

スマホのバッテリーがなくなってくると充電しますよね!

車のバッテリー上がりも同じことです。

電気を使いすぎると、充電が必要になります。

バッテリー寿命は、充電しても、バッテリー容量自体が

小さくなっているので、充電しても元の容量のバッテリーとして

機能しません。

スマホのバッテリーもそうですよね!

2年も使えば、バッテリーの持ちが悪くなった。

すなわちバッテリー容量が、少なくなっていることを意味します。

新品バッテリーは持ちがイイのも、そのためです。

車の場合、バッテリー寿命が来る前に、バッテリーを点検して

エンジンがかからないトラブルになる前に

バッテリーを新品に交換しましょう!

バッテリー激安情報です。

カーバッテリーの鮮度管理を徹底しているバッテリー通販があります。

高性能・長寿命バッテリーが、より安く買えます。

車のバッテリーを買い換えるなら【激安バッテリー市場】は、

チェックしてみる価値アリだと思います。

>>激安バッテリー市場 通販ショップ入り口はコチラ<<



バッテリー交換の参考にしていただけたら、うれしいです。

価格を見たら、その安さに驚くと思いますよ!

更新日:2020年05月13日

バッテリーのサルフェーションとは?でした。